Ryu Yudai  南イタリア紀行! その3 4月14日(土) ローマを経由、国内線でブリンディシ→オストゥーニに到着!そして翌日。

 

今回の旅は先ずローマを経由し国内線でブリンディシへ。そこから車でオストゥーニへ移動。ここが1泊目。

地図で見ると右下Brindisi、アドリア海に近い場所です。

Nàpoliに向け縦断する旅です。

 

イタリアはミラノ、ローマ、フィレンツェ、ベネッチァ、今回はオストゥーニ、マテーラ、アマルフィポジターノポンペイナポリカプリ島とそこそこ回りましたので次はフランスのマルセイユ辺りに行きたい。

 

 

さて今回の旅は前半は曇り空。

 

オストゥーニ!

オストゥーニ(Ostuni)は、人口32,819人のイタリア共和国プッリャ州ブリンディジ県コムーネの一つである。

 

「イタリア 地図」の画像検索結果 

 

 

 

初日のホテル。もう11時近いので就寝。

 

明日はオストゥーニを散策、徒歩でブーリア州の谷にある「白い街」を散策。

 

その後は車でおとぎの国、アルベロベッロの三角屋根の町並みに向かう計画。

 

f:id:RyuYudai:20180428112955j:plain

 

 

 

今日は日曜日、朝は妻と散歩!

今日はオストゥーニを散策、そして徒歩でブーリア州の谷にある「白い街」を散策。

 

まずは朝食前のオストゥーニを散策

気候はほぼほぼ東京並み、但し、朝と夜は結構冷え込む、昼間は太陽次第ですが僕は長袖シャツでOK.

 

 

 

ホテルから見た「白い街」

f:id:RyuYudai:20180428121550j:plain

 

 

白い街の前にオストゥーニの町並みを散歩。

この犬、朝から吠えて吠えて吠えまくっている。

f:id:RyuYudai:20180428121722j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180428121824j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180428121829j:plain

 

 

 

 

f:id:RyuYudai:20180428121832j:plain

 

 

スポーツ、競技としての自転車文化が発達しているから、朝からそこら中でこんなシーンがみられる。

f:id:RyuYudai:20180428121830j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180428121834j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180428121839j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180428122047j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180428122104j:plain

 

 

日曜の朝はパスタ作りから始まる

f:id:RyuYudai:20180428122333j:plain

 

少し経つとお客さんも並び始める

f:id:RyuYudai:20180429142144j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180429142428j:plain

 

f:id:RyuYudai:20180429141543j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180429141545j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180429141548j:plain

 

 

 

そしてホテルに戻り朝食。

牛乳が5種類あったのですべて飲んで見た。豆乳、お米の牛乳、やたらに甘い牛乳・・とお腹がギュルっときました。

f:id:RyuYudai:20180428115901j:plain

 

 

Ryu Yudai  その2 南イタリア紀行! 出発初日からトラブル発生!道中も前代未聞の大トラブル!

 

f:id:RyuYudai:20180428104326j:plain

 

4/14、新宿発の成田行きリムジンバスを目指す。

その途中でな・な・な・なんとトラベルケースのキャスターが一つ、ポキッと折れたんです。ゴロゴロ引っ張っていたら、ポキッと折れたのです。

 

なるほど、トラベルケースならず、「トラブルケース」、その時に思いました。

キャスターって折れるんだ!と。

ま、気を取り直してそのまま出国

f:id:RyuYudai:20180428095905j:plain

 

 

道中、どこかのタイミングでリモワに買い換えようと思い聞いたところ、Nàpoliにリモワ代理店があるとのこと。Nàpoliにしか無い、ナポリは旅の最終地、そこまでこのままで移動しなくてはならない、結構大変です。

 

ところが、道中 な・な・な・な・なんと、もう一つキャスターが壊れました。

有りえない、前代未聞のキャスター二つ壊れる。

イタリア全国民の冷たい視線、ホテルスタッフの呆れた顔を見ながら、Wトラブルケースで移動。

まあ、個人旅行なのでローマを経由し国内線でブリンディシに着いたあとは、移動は優秀なドライバーとベンツなので肉体的な苦痛は有りません。

 

f:id:RyuYudai:20180428103337j:plain

 

 

旅の最後に唯一、Nàpoliにしかない、リモワのお店で一番でかいのを買いました。

何故?キャスターが壊れたのか?それも二つ。

理由はトラベルケースなど知らない、物つくりも知らない、ど素人の日本人が作ったからです。

困りますね、こういう日本人が多いんです。

 

ルイジーロ|舞緒ルイ
トラベル・コーディネーター/通訳アテンド
RG ruigiro|Rui Di Maio
Travel Coordinator /Tour Conductor
Telefone: +39-339-826-6201

Ryu Yudai 南イタリア紀行! その1 4月半ばに一週間ほど楽しんできました。

その1

f:id:RyuYudai:20180427151525j:plain

 

今回の旅は成田→ローマを経由しブリンディシに着。

翌日はオストゥーニ、アルベロベッロ、マテーラ・・・最終はNàpoliに二泊の旅でした。

 

今回、妻と二人の個人旅行を企画、何分イタリア語も話せません。

そこで大変お世話になっている方に相談したところ、「舞緒ルイ」さんというイタリア在住のトラベル・コーデイネーターの方をご紹介いただき、とても満足のいく素晴らし旅行を楽しめることができました。

ホテル、食事、移動の車(現地のドライバーさん)などすべて何から何までお世話になりました。

 

「舞緒ルイ」さん、本当に感謝しております、ありがとうございました。

もしイタリア等の旅行を企画されている方がいらっしゃいましたら、下記に連絡先を添付しましたので、どうぞ相談してみてはいかがでしょうか。

期待以上の旅をお約束します。ちゃっかり宣伝します。

ルイジーロ|舞緒ルイ
トラベル・コーディネーター/通訳アテンド
RG ruigiro|Rui Di Maio
Travel Coordinator /Tour Conductor
Telefone: +39-339-826-6201

 

 

 

今回は4/14の土曜日に成田からアリタリアで出発しローマへ、4/20の金曜日にナポリからローマを経由し、アリタリアで成田に帰るというパターンです、日曜日は丸一日、旅の疲れを癒すために・・・。

 

イタリアは四年ほど前に12・3名のツアーでミラノフィレンツェ、ローマ、ベネチアを回りました。写真が半端なく趣味のため少人数で旅をしても、いい被写体を見つけると、ついそこに行ってしまう癖がある。

あら日野さんはどこに行ったの?

あら、日野さんいるから皆さんもいますよね!

集合時間、食事の時間、私が居るから皆さんも居ます的な旅でした。

ま!確かに同行の方々と共に行動しなくては、はぐれたら迷惑を掛けます。

そこは十分承知の上で行動しても、現実には中々、自分らしい写真は撮れません。

 

今回の旅では私が写真を撮る!ということも考慮いただきたくさんの撮影ができました。

 

f:id:RyuYudai:20180427152832j:plain

 

それではまた・・・・。

 

 

 
 
 

Ryu Yudai sony RX0 これを首から下げていると言われます、初めて会った方はカメラですか?よく合う方は隠し撮りカメラ?

中々、よく写ります。

在庫状況:入荷次第出荷/※ご注文に関しましては、お1人様1台でお願いします。複数ご購入はご遠慮くださ...

 

f:id:RyuYudai:20180324092726j:plain

 

f:id:RyuYudai:20180324092731j:plain

 

f:id:RyuYudai:20180324092750j:plain

 

f:id:RyuYudai:20180324092754j:plain 

Ryu Yudai ハッセルブラッド X1D!このカメラ、只者では無い。そして唯一、月から還ったハッセル!

 

f:id:RyuYudai:20180323074011j:plain

 

 

風速12メートル、普通には立っていられない状況、女の子は風圧で後ずさりする、砂埃はガンガン目に入る、涙目、ファインダーを覗く余裕もない、液晶の設定も見えない。

それでも気合いで構えてシャッターを切る。

これでピントは合うのか?と思いながらも仕方ないからシャッターを押す。

 

なんのことはない、ちゃんと写っている、それも期待以上だ。

何故?あれだけの風でぶれなかったのか?

このカメラの形状にあると思う、普通に構えて押す。

f:id:RyuYudai:20180323074151j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180323074159j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180323074207j:plain

 

 

 

 

オーストリアのカメラ・写真専門オークション会社WestLicht

オークションでアポロ15号の月面着陸船で使用されたというカメラ。落札額は66万ユーロ(約9300万円)。

 出品されたのは1971年、アポロ15号の月面着陸船パイロットとして月面に3日間滞在したジム・アーウィン氏が使用したというハッセルブラッド

f:id:RyuYudai:20180323074342j:plain


 

f:id:RyuYudai:20180323074900j:plain

 

 

 

 

Ryu Yudai 3.11の悲しみをぶり返すつもりはない、やはり忘れてはならない!と自分にいい聞かせている。

 

被災地のひとつである仙台に赴いたのは地震発生から二週間後だから決して早い訳ではなかった。仙台には200名近い社員が働いていた、安否の確認は取れたが飲み水はあるか?食べ物は大丈夫か?などが主な確認事項だ。

友人たちの協力も得てやっとの思いで現地に入った。

 

これは最後に辿り着いた海である、海だけを見ていれば普段と変わらない。

f:id:RyuYudai:20180305144133j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144041j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144045j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144046j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144030j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144037j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144048j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144055j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144056j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20180305144057j:plain