読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJIFILM X-Pro2!XF35mm 1.4Rとアルチザンアーティスト!

FUJIFILM X-Pro2!EBC XF35mm 1.4R

まずは暫くFujifilm X-フォトグラファー掲載写真を更新していない、真面目にPro2で撮影します。

 

色んなカメラ、レンズで撮影することが多い。中々、甲乙をつけ難い、どのカメラが良いとか、あのレンズはイマイチなどは正直ない。

f:id:RyuYudai:20160621164246j:plain

その機材で撮影している時はそれが一番だ!また他の機材の時もそれが一番なのである!これはカメラ、レンズメーカー各社に対するお世辞でもなんでもない。

素直にそう思う。おそらく私の立ち位置としてメーカー(ブランド)に対するこだわりがあまり強くないこともそう思わせている。

いざ撮影!に挑む際に、あのカメラ、あのレンズを用意すべきであったなどの反省は100%私自身の機材チョイスミスだが、あまりそれもないように思う。

カメラメーカーから新機種が発表されると、発売前にお貸しいただき撮影することが非常に多い、その時は色んな発見があって楽しい、誰よりも先に撮影が出来るから!などの姑息な発想ではなく、新らしもの好きとして性である。

 

余談ですが、とある著名なプロ写真家の方に「新機種で撮影する場合に何故?説明書を読まないのですか、読まなくても使いこなせるのですか?」と感心されつつ、質問されたことがある。僕のことをよく知っていらっしゃるな!思いつつ、それはそうだ、確かに私の場合、ボディとレンズ、バッテリー・充電器以外、お借りすることは殆どない。説明書はいいんですか?と言われると「無くしては迷惑掛けるので」実際になくすことがあった!とお借りしないようにしている。

新製品、それぞれに特色がある、シャッター一つとってみても、位置、指の腹の感触や引っかかり、押し心地、音色の種類などがある。

 

ところで明日はフォトネクストに行きます!

 

もう一つ!ところでこのFUJIFILM X-Pro2だが、感触はLeicaによく似ている

ストラップはアルチザンアーティストが似合う

 

f:id:RyuYudai:20160621164135j:plain

 

FUJIFILM X-Pro2!XF35mm 1.4R

「バスを待つ少女!」

たまに実家に帰るんでしょう、別れ際にはお父さん・お母さんから「お前、ちゃんと食べているのかい?もっと頻繁に連絡よこせ!友達はたくさん出来たのか?・・・こんな会話が聞こえてきそうです。

「大丈夫、心配しないで、もう大人なんだから・・・」なんて強がり言いながらも心の中ではいつもお父さん・お母さんに甘えている。

f:id:RyuYudai:20160620153036j:plain