読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中判ミラーレス!FUJIFILM GFX50s!さて装備は整った!

 

 

f:id:RyuYudai:20170303142916j:plain

 

 

試し撮り的なことはしたが、あくまで試し撮り。これからどう向き合うか?である。

 

新しいカメラ・レンズは全てそうだ!先ずは慣らしをする、近場で撮ってみる。

 

そして気持ちを切り替える。何処でどんな写真を撮るか?撮りたいか?

考え場所・どういう作品にしたいか?を決める。

このカメラ・レンズの特性をどう生かした写真を撮るか?!

自分にとっての儀式でもある。

 

しかし、思い起こせばほとんどの新しいカメラ・レンズは同じ(同じような)場所に出向いて撮影している。おかしな話だ。

 

自分の想像する作品をイメージして出かけるのだが、私の場合、最初から思うような、納得のいく撮影ができない場合が多いのだ。しかし、ここでめげてはいけない。

イメージ先行の期待値に届かない!からではない。

 

肩の力を抜いているつもりが、思い切りカチカチになっている。

自分が選んだカメラ・レンズなんだから、必ずや、感動的で驚くような写真が取れるはずだ!?

これこそが思い上がりに他ならない。自分の力をさておいて慢心・・・・。

 

写真だけでない、何事もそうだ、この「思い上がり」が自らの出足をくじくのだ。

自分は一体何者だ!何様だ!そう!何事もそうなのだ。

 

f:id:RyuYudai:20170301164100j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170301164137j:plain

 

 

ストラップは純正でなくアーミータイプ!ミーハーではない。

f:id:RyuYudai:20170302072518j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170302072526j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170301164207j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170301164152j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170301164201j:plain

 

 

大容量だからPCも新調しないと間に合わない 

f:id:RyuYudai:20170301164219j:plain

 

 

 

 

レンズ 

GF32-64mm F4 R LM WR

*このレンズが一番人気のようだが、本当にそうか?他の二本はいずれも単焦点だが、「ズームは便利だ」の発想だけで購入するのなら「大きな間違いだ」と言いたい。

勿論、高い買い物ではあるが!

 

今回は雨の中での撮影、結構強く降ってきたのでボディ、レンズに気を遣うからシャッターを押す時は少し落ち着かない。防滴・防塵仕様ではあるが落ち着かないのだ。

今回、用意はしなかったが、三脚か一脚は必要だ。

 

甘く、見てはいけない、いくらGFXは軽いと言ってもこの大きさだ。

重さはボディにビューファインダー、バッテリー、レンズGF32-64mm F4 R LM WRっで1.795グラム。細かいことを言えばストラップにフィルターもある。

せめて一脚くらいは持たないと話にならない、今回の反省でもある。

 

但し、操作性もホールドの感じも秀逸であることに間違いはない。

f:id:RyuYudai:20170301164203j:plain

 

 

 

下の写真だが、雨だからファインダーを覗きながら上を向くことに少し戸惑いがある。

レンズ 

GF32-64mm F4 R LM WR

 

ISO200  60/1  F4

解像力は抜群である、当たり前の話だが・・・。

SENSORは独自開発のG Formatイメージセンサーを搭載している。他社も同じコダック社のSENSORを元にしているが、FUJIFILM独自に手を加えている。

テレビで言えば同じメーカーの液晶パネルを使っているが、それをどう手を加えるか、と同じ考え方だ。

 

f:id:RyuYudai:20170303142344j:plain

 

拡大すると!

f:id:RyuYudai:20170303080217j:plain

 

 

さらに拡大。

手ぶれには十分に配慮したが、手ぶれした自覚はある。

それでもこの写真を見る限り、FUJI Formatイメージセンサーに助けられている感はある。

f:id:RyuYudai:20170303080226j:plain