読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJIFILM 中判ミラーレス GFX50Sをもし?!ふだん使いのカメラにしたら、無理はあるのか?色々と考えてみた。

 

普段使いのカメラ!と言うと「携帯性」が先に来て、持ち運びやすい・軽いなどとなる。一般的な「携帯性」の意味はそういうものである。

しかし、FUJIFILMのGFX50Sはお世辞にも「携帯性に優れている」とは言い難い。

これは32-64mmを付けた状態だ、見た目にも携帯性が良いとは言えないのだ。

普段使いのカメラの条件は出来る限り軽く、高性能で小型で携帯性に優れている・・・・と誰もがこたえるはずだ。

 

ならばこう考えてはどうか!いつも持ち歩きたいくらい素晴らしい解像力!

GFX50Sで全て目に見えたものを撮りたいカメラだ!

携帯性は二の次、最高画質を撮る・・・

 

f:id:RyuYudai:20170328194339j:plain

 

 

先週、ブログに掲載した写真、横浜の海の見える丘公園にて。

f:id:RyuYudai:20170328193311j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170328193452j:plain

 

 

これだけ高画質なら普段使いにしようか・・・・

f:id:RyuYudai:20170328193557j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170320141745j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170320141716j:plain