読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月7日 FUJIFILM X-T2 16-55mm 2.8 神田川

f:id:RyuYudai:20170408215707j:plain

  • New ファームウエア Ver.2.00
  • X-Trans™(*1) CMOS III & X-Processor Pro
  • AF性能向上
  • AF-Cカスタム設定
  • 高性能EVF(倍率0.77倍、表示タイムラグ0.005秒、ライブビュー100フレーム/秒)
  • 4K動画撮影
  • 縦位置パワーブースターグリップ
  • 防塵・防滴・耐低温構造

センサー

APS-C"X-Trans CMOS III"

 

有効画素数

2430万

 

液晶サイズ

3.0型3方向チルト式TFTカラー液晶モニター(約104万ドット)

 

最高感度

ISO 51200(*2)

 

 

クラシッククローム

f:id:RyuYudai:20170407153740j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154033j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154046j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154046j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154107j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154148j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154230j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154254j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154323j:plain

 

 ACROS

f:id:RyuYudai:20170407154421j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154419j:plain

 

 

 

ビビット

f:id:RyuYudai:20170407154533j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154539j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154544j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170407154551j:plain

 

フラッグシップ標準ズームレンズとして最高の画質を引き出すための光学設計

ズーム全域でF2.8の明るさを持つ標準ズームレンズにおいてクラス最高の画質を実現するため、12群17枚のレンズ構成を採用し、非球面3枚で球面収差やディストーションを抑制、異常分散ガラス3枚で倍率色収差(広角)と軸上色収差(望遠)を抑制して、ズーム全域に渡って画面の隅々まで高い解像力を実現しました。

円形9枚絞り羽根により、滑らかな円形のボケを生み出します。さらに、球面収差を極限まで抑えたことによって前ボケ・後ボケ(*1)共に美しいボケ味を実現しています。

 

レンズ全面に富士フイルム独自の多層コーティング処理「HT-EBC (High Transmittance Electron Beam Coating)」を施すことでゴーストやフレアを抑え、シャープでクリアな描写を実現しています。また、新開発のナノGIコーティング技術を採用しました。空気中の光がレンズに入射する過程で、光の屈折率を緩やかにコントロールし光の反射を抑制することによって、斜めの入射光に対しても効果的にゴーストやフレアを低減できます。

レンズ性能を最大限に引き出す「点像復元処理」(*2)に対応した「Xシリーズ」ボディ(*3)と本レンズとを組み合わせることで、レンズの光学性能や特性をもとに、絞りを絞り込んで撮影する時に発生する回折現象(*4)を良好に補正し、解像力の高いシャープな画像が得られます。

 

高速・高精度で静かなオートフォーカス

位相差AFに対応した「Xシリーズ」ボディ(*3)と本レンズを組み合わせることにより、最速0.06秒(*5)という高速なAFで快適に撮影いただけます。リニアモーターによる静かなAFとシャッター音によって、撮影する空間の雰囲気を壊すことなく撮影ができます。