読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 Leica Mモノクローム SUMMILUX-M 35/1.4 ASPH

意外と自分が住んでいる街のことを知っているようで知らない。

京王線沿線を歩いていると「爺」と云う店名の飲み屋があった。下高井戸駅に近い線路脇にある。

 

ここで、「誰が?爺さんや?」と突っ込みたいが、今ひとつ材料がないと云うか、私は爺さんではない。

f:id:RyuYudai:20170403133133j:plain

 

 

 

よりシャープに描写

モノクロ撮影専用センサー搭載

ライカMモノクロームにはカラーフィルターが搭載されていないため、輝度値の演算に必要な色補間処理が不要なため、色を認識する撮像素子を搭載したデジタルカメラよりもはるかにシャープな描写のモノクロ写真を撮影することができます。

次世代のレベルへ進化

35mmフルサイズセンサー搭載のモノクロ撮影専用レンジファインダーデジタルカメラの新製品「ライカMモノクローム(Typ246)」は、新開発のモノクロセンサーを搭載し、最高品質のモノクロ写真を追求するという本質はそのままに、前モデルのライカMモノクロームからさらに性能と機能が磨きあげられています。

 

瞬時のレスポンス

ライカMモノクローム(Typ246)は、最新のライカMシステムのデジタルカメラにも搭載されている高性能な画像処理エンジン「LEICA MAESTRO(ライカ・マエストロ)」を新たに搭載し、バッファメモリーの容量が2GBに増加したことでより高速な処理が可能になりました。LEICA MAESTROにより、センサーからの映像信号を高速処理して連続して素早く撮影できるほか、レビューモードでは撮影画像もほぼ瞬時にカメラのモニターに表示されます。また、高品質なJPEGファイルをわずか2秒で生成するほか、DNG形式ファイルのRAW画像を保存することもできます。

 

 

f:id:RyuYudai:20170311094321j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170227213903j:plain