読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Leicaの革ケースについて!大雑把な話しだが・・・。

Leicaについて語り出したら幾ら時間があっても足りない、Leicaの歴史はカメラの歴史であり、写真の歴史でもあり、ライカを愛する人の歴史でもある。初代エルンスト・ライツ、またオスカーバルナックの歴史でもある。

歴史?終わった過去の話ではない、ライカは今もこれからも常に進化し続けている。

100年後も300年後も一世紀の後も永遠に語り続けられるであろう、それがLeicaだ。

 

カメラ・レンズを守るケース、Leicaはケース、バッグも奥が深いのである。

 

Leicaの「ケース」と言っても歴史があるだけに様々なタイプがある。下はカバンだ。

これらは100年も前のカバンであり、たまにネットで見かけるがほとんど流通していない。ネット等で見掛けても劣化、カビがひどい物がほとんど、むしろ中古カメラ店で遭遇した物の方が状態が良い。価格も10.000万円以内であったり、30.000円くらいであったりとバラバラだ。

f:id:RyuYudai:20170327105341j:plain

 

ケースは大きく分けるとボディとレンズを取り付け収納するカメラケースだ、これらは一応、速写ケースと呼ばれている。それとレンズを単体で収納・持ち運ぶレンズケース。もう一つは今で言うカメラバッグである、箱型と薄型の2タイプに分かれるが、呼び方は当時の資料によって「コンビネーションケース」や「セットケース」と呼ばれ、明確に分かれていない。大まかにはカメラケース、レンズケース、カメラバッグの3タイプだ、いずれも革製である。

これらのケースは大半が1930年前後に作られたものである。

薄型のタイプには様々な形、大きさがある。

 

上の写真のほとんどが1930年代か、20年代後半に作られたものだ。

私はカメラに限らず、元々カバン大好きなために、こういう古いLeica関連のカバンも収集している。

勿論、100年も前のものだが、ほとんどを現役として使用している。

1930年前後に作られた右端にある薄型タイプ、当時は小振りが多かった。だがシステムカメラメーカーとして発展していくにつられケースサイズも縦・横に大きくなる。

 

f:id:RyuYudai:20170327105417j:plain

 

 

 

これは薄型タイプ、特に薄型タイプはまず見かけることはない。これは新品とは言わないが、貴重な個体である。

f:id:RyuYudai:20170327115521j:plain

 

 

交換レンズ・フィルター、フィルムが収納できるよう知恵を出している。

同じ時代に国産カメラ技術は世界の先端にあったが、こういう部分にはあまり目がむかなったようだ。

 

右端の3つの穴はフィルム収納、下の両サイドは左と右で少し厚さが異なる、フィルター収納だが、当時のフィルターは今のように薄型でなくフィルターの種類によって厚みが異なる、また今で言うステップアップリング、当時はフィルターアダプタと呼んだ、

これらを収納する。あとは交換レンズや伸縮式レンズフードを収納した、と思われる。

f:id:RyuYudai:20170327105433j:plain

 

これは購入時にアルミ製のパトローネに入っていた未使用のフィルムだ。

f:id:RyuYudai:20170327105445j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170327115822j:plain

 

 

f:id:RyuYudai:20170327115823j:plain

 

FUJIFILM GFX50S! GF120mmF4 R LM OIS WR Macro!すべては確認には確認から始まるのだ。ところが・・。

ボケが先か?!確認ミスか? やはり何事もそうだ!確認には確認を怠るとろくなことはない。

*自宅でボディとGF32-64mm F4を50Sをカバンに入れた、三脚持った、横浜まで出かけた、移動中には32-64mmで、どう撮影しようか?想いを巡り巡らせていた。

 

目的地の「海の見える丘公園」に到着。カバンからボディを出し、レンズを出す、そしてボディにカシャと装着。一瞬だが、ん?何か、おかしいな!と思ったが、それよりも「さー、撮るぞ」の高揚感が先だ。

 

 

さて今回のGFX50Sの出で立ちですが!

*手持ちの縦位置撮影が少々、面倒臭いのでこの「縦位置バッテリーグリップ」装着

f:id:RyuYudai:20170325173949j:plain

 

 

 

また手持ち撮影、三脚/一脚使用時に便利な「EVFチルトアダプダー」も装着

 

 

f:id:RyuYudai:20170325173956j:plain

 

 

これらを装着するとこのようになります。結構、大所帯なカメラに変身。

f:id:RyuYudai:20170325174821j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170325174933j:plain

 

 

 

と言う訳で続きです。

チルトアダプターを装着することで、手持ち撮影の際に、随分と手振れが解消されました。

 

*重いカメラの手持ち撮影の際に皆さんに是非、トライしてほしい「ブレないポイント」を私流に教えます。

手振れ防止には息使いは大事なポイントです。まず息をゆっくりスーと深く吸い込みます、そうすると自然に姿勢も良くなります、そうです、背筋が伸びるのです、そして気持ちもピシッとします、そして呼吸を止めます、集中します。よし、このタイミングだ!とシャッターを押す。

 

可能な限り手振れを防ぐには良い方法です。ただ、たまーにですが、息を止めたことを忘れてしまい息苦しくなることがあります、こう言う場合は慌てずに大きく深呼吸してください、でないと後の撮影に支障が出ます、皆さん、十分に注意してください。

 

また周囲で撮影している方が、なんだか?顔色が悪い!そう思ったら、おそらく「息を止めたことを忘れている状態です」、そう言う場合は一言声を掛けてください。「息をしていませんよー!」と。大事なことです。

 

そして、実は小生、週1〜2度のペースでストレッチ&筋トレをしています。健康に良しであり、継続は力なり!また500〜600mmクラスの長玉撮影の際は、「手持ちブレない撮影!」に筋トレ効果が貢献しています、いや、本当に!本当の話ですよ。

 

何?そんなの嘘に決まっている? たかが筋トレで500〜600mmクラスの長玉をオッサンが手持ちで自在に振り回して撮影している?! あんたは三脚いらずオッサンかい?! 誰がオッさんや! そうなんです、「人間トライポット」と呼ばれて早10年が経ちます。

トライ?だけにお試しあれ!イタ飯ではありません、お試しです。

 

また、こんな効果もあるのです、筋トレ効果のおつりみたいなものですが、最近、女性をくどく(ギャグで)、お決まりの文句は「君ー!胸板の分厚い男とヒップアップした男のどっちが好きかい?」このように聞くのです。

そうなんです、どっちも当たりなんです・・・ムムム! そう、オヤジはズル賢いのだ!

普通、オヤジは歳を取ればとるほど落ち着くのだが、何故か?私は「オヤジ馬鹿度」がどんどん上がるのです、最近それ自体が少し怖い!のだ。

 

なんの話や!・・・

話を元に戻すと・・・

チルトアダプター装着、そのためにネックストラップの長さも短くし、首に下げた状態でファインダーを90度に立て左手でレンズを支え、右手でボディを!

少し頭を屈むと丁度よい具合でファインダーが目ん玉の前にくる。ファインダーに直接、瞼の部分を当てずとも十分に被写体の確認はできます。ま、元々、視野率100%のファインダーですから!

 

ところで何があったのか?ボケた?

そうなんです、32-64mmのレンズをカバンに入れたはずが、GF120mmF4だったんです。オッサン!その話だけで、随分と引っ張ったね!と言われても、仕方がないのです。オヤジ馬鹿度」がどんどん上がるのです、最近それ自体が少し怖い!のだ。そうなんです、制御不能、誰か止めてよ・・・トホホホ

 

f:id:RyuYudai:20170325175658j:plain

 

 

 

GF120mmF4 R LM OIS WR Macro 

f:id:RyuYudai:20170325151911j:plain

 

 

 

 GF120mmF4 R LM OIS WR Macro

f:id:RyuYudai:20170325151710j:plain

 

 

 

 GF120mmF4 R LM OIS WR Macro

f:id:RyuYudai:20170325151712j:plain

 

 

 

 GF120mmF4 R LM OIS WR Macro

f:id:RyuYudai:20170325151715j:plain

 

 

 

 眼下には外人墓地が広がっています、暗くなってきました、さて!ボチボチ帰ろうかな!

お後がよろしいようで。

GF120mmF4 R LM OIS WR Macro

f:id:RyuYudai:20170325151542j:plain

 

お散歩カメラ!FUJIFILM GFX50S!え?このデカイのがお散歩カメラ?!それは考え方一つです。

FUJIFILM GFX50S!これを一番星カメラと呼びましょう! 何故?むむむ・・・。

 

 

*いろんな街、場所、お店、建物や遊ぶ子供達を、私が勝手に命名した「お散歩カメラ!FUJIFILM GFX50S!」で散策。

 

f:id:RyuYudai:20170324215755j:plain

 

 

⭐️のマークが付いた「スターワン」なる手書きで味のある看板と店構えを撮影。

扱い商品も中々、味のある店でした。

ファインダー越しに覗くと「スターワン」のお店の左側に選挙ポスターが4枚貼ってありました。味のあるお店の顔と選挙ポスターがマッチするのか?なんて考えながら撮影しました。

後にパソコンで見ると中々、面白い組み合わせだ、子供の頃の駄菓子屋的な雰囲気の店構えと今時のご時世を反映した選挙ポスター。私はこういう写真が好きです。

ポスターにははっきりと特定できる政治家の写真に名前、そして党名、更には党として世の中をこう良くしたい!というアピールが書かれています。

 

さて、私はこの写真をブログにあげました、政治に興味がない方でも一度や二度は顔を見たことがある政治家ではないでしょうか。ところでこういう宣伝ポスターの写りこ込んだ写真をブログにあげたり、フォトコンテストに応募していいのでしょうか? 

 

RYUさん、あーた!なにを言ってるの?ここでブログにあげているでないか?!

 

いやいや、そうおっしゃらずに!この写真には「著作物が写り込んでいます」が

問題はありませんということを言いたいのです。えッヘン!

 

私が選挙ポスターも撮影したのは意図があってのことです、先にの述べた「面白い組み合わせだ」です。

こういう撮影の場合は党名や政治家の顔写真が写っても著作権侵害の問題はありません。

こういうポスターは広報媒体という言い方をします。党や政治家の宣伝のための物で街角にはよく見かけます。

逆によく撮っていただいた、ブログまでにあげていただき宣伝してくださり、ありがとう!と喜ばれます。そんな訳ないか?!

 どうしても街角でスナップ写真を撮る場合には、有名人のポスターや「○○美術館で秘宝展開催」と有名な美術品や工芸品などが映り込む場合があります。

私の撮影に対する座右の銘は「見たものは全て撮る」です、ムムム。

 

この撮影の場合も全く問題はありません。但し、それらの写り込んだ広告媒体に対し、誹謗中傷的な表現や媒体そのものを加工することはなりません。

また写真を絵葉書などにして販売したり、自分たちのイベントのPR等のパンフレットに使用することはできません。著作権者の承諾が必要です。

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170324104520j:plain

 

そうなんです!これも一番星!

f:id:RyuYudai:20170324220744j:plain

 

FUJIFILM GFX50S! このカメラの立ち位置は本当にプロ写真家やハイアマチュアだけに向けたカメラなのか?!

初っ端から「このカメラの立ち位置は本当にプロ写真家やハイアマチュアだけに向けたカメラなの か?!」・・・。

何を言いたいか!と申せば、写真愛好家は勿論、「私はいつも35mm一眼レフで撮影しています」と云う方は勿論、最近になって本気で写真を楽しんでいます・・・などなど、写真をやっている方々にもう少し、中判カメラというモノに興味を持っていただきたい!ただそういう願いであるのだ。

勿論  、FUJIフィルムが「GFX50Sはプロ写真家やハイアマチュアの皆様だけに使って欲しい」とも言ってはいない。

 

昔の話をして如何か?!おっさん、時代錯誤じゃない?」と言われること覚悟で言えば・・・と前置きして。ならば昔っていつ頃の話か?と言われると少し困惑するが、とりあえず40年くらい前としておこう。1970年代である。

あの頃は写真専門学校が流行り、スーパーカーブームの時代でもある。

1958年開講の東京フォトスクール、のちの東京総合写真専門学校。大阪の日本写真映像専門学校。東京工芸大学は1923年創立の小西六写真専門学校である、当時の写真関連学校を挙げたらキリがない、東京だけで10や20はあっただろう・・・と一体何の話やら。

 

プロ写真家やハイアマチュア写真家と云うと、何だか敷居が高く感じられるが、そうでもない。

 

長々と訳の分からぬ話になりそうだ!

フジフィルム GFX50Sは確かに価格は高嶺の花である。

良いものは高いのは誰もが承知の話。

世界最高レベルの写真画質と言われる圧倒的解像力のGFX50Sを一部のプロの写真家やハイアマチュア写真家だけのモノとしていいのか?

そう、これを言いたかったのです!

そう、お散歩カメラだ!言い過ぎか?!

 

いやいや!その証拠をお見せしましょう。

f:id:RyuYudai:20170322151949j:plain

 

 

ファインダーを上から覗く、腹で抑える、息を吸う・止める、シャッターを切る

f:id:RyuYudai:20170323170557j:plain

 

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170323165247j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170323170605j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170323170607j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170323165245j:plain

 

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170323170020j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170323170639j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170323165240j:plain

 

 

どうですか?紛れもなく、お散歩撮影です。

そう!お散歩カメラなんです。

???おっさん歩カメラ?誰がおっさんや!ムムム。

 

 

SONY α7R FEレンズ FE24-70/2.8! さて,SONY 4K動画に対し、パナソニックGH5も気合が入っている。

SONY α7R/7Sで動画を撮る方をよく見かけるようになった、先日も写真家 山岸伸さんの「瞬間の顔」ギャラリーにお邪魔したらSONY α7にカールツィアスのBatis  2/25を装着され動画撮影していた関係者の方がいらした。

 

*間も無く(3月23)パナソニックのGH5が発売する、SONYパナソニック!方向性は同じように見える。

 

LUMIX史上最高画質を実現した、待望の新開発Live MOSセンサー

有効画素数20.3Mを実現した、新開発のLive MOSセンサーを採用。これにより、従来機GH4(16M)比でピクセル数が約25%アップするとともに、ローパスフィルターレス設計で限界解像性能が向上し、圧倒的な解像感を実現している。

さらに、従来機(GH4)比で読み出し速度が約2倍に進化し、連写速度の高速化や4K/60pの動画撮影を可能にするとともに、電子シャッターや動画撮影時でのローリングシャッター歪み現象(高速移動中の被写体の撮影時に生じる歪み)を抑えた忠実な描写を得ることができる。

LUMIXハイエンドシリーズに相応しい高画質性能の実現により、想像を超える描写力・表現力に到達。

 

ローパスフィルターレス設計により獲得した、高解像性能によるリアルな描写力

光学ローパスフィルターを取り除くことで、LEICA/LUMIX Gレンズが持つ高解像(高MTF)性能やイメージセンサーが有する解像性能を最大限に引き出すことが可能に。これにより、細部まで捉えられなかった野生動物のリアルな質感や、野山でたくましく育つ野生植物の細かなディテール、森林風景を織りなす樹木の群集の立体感、大自然へと誘うように広がる大空の遠近感などをリアルに描写します。

 

ローリングシャッター現象の歪みを抑える、高速の処理性能

GH5は、従来機(GH4)比で約2倍の高速センサー読み出しを実現。センサーの読み出し速度・処理速度の高速化により、被写体の移動速度がカメラの画像スキャン速度よりも速い場合に生じる、ローリングシャッター現象(縦方向の線が斜めに歪む現象)を抑制します。自動車・列車など高速で移動中の被写体を電子シャッターや動画で撮影するときでも、読み出しが速いことで被写体の歪みを抑え、自然な描写で記録できる。

 

新開発 ヴィーナスエンジン

超高速な高解像・高感度・色再現処理を実現し、さらなる高画質を実現

解像性能・高感度性能・色再現性において大幅に進化を遂げた、新開発の「ヴィーナスエンジン」を搭載。新開発のマルチピクセル輝度生成とインテリジェントディティール処理による高い解像力で、高精細で自然な質感描写を実現するとともに、色モアレ抑圧処理性能も向上。新3次元色コントロールによる暗部・明部の色再現性も向上し、より忠実で豊かな色調表現を可能にした。

また、新エンジンに搭載された高精度マルチプロセスNRにより、被写体のディテール部と平坦部の分離性能を向上し、より的確に信号成分・ノイズ成分を見分け、画像の特徴に応じて効果的にノイズを抑えることで、高感度でも自然で立体感のある描写を実現。

また、4K/60p等の高画質動画記録時においても、ヴィーナスエンジンの能力を余すところなく発揮。静止画記録と同じく、質感描写を活かした高画質映像を記録でき

LUMIXフラグシップ機に相応しい、さらなる高画質と高速性能を両立している。

 

マルチピクセル輝度生成で、より忠実に輝度を再現

RGB成分から輝度信号を生成・抽出する際の参照領域が、従来機(20Mセンサー搭載機)比で約9倍のエリアに大幅に拡大。これにより、偽信号をさらに低減しつつ、周波数特性を最大約2倍にまで飛躍的に向上させている。

高い解像度でもコントラストの再現性を維持でき、より解像感が高い忠実な質感での描写を可能にした。

 

さて、SONY α7R FEレンズ FE24-70/2.8!

f:id:RyuYudai:20170316124523j:plain

 

 

クリアーな描写力

f:id:RyuYudai:20170316092248j:plain

 

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170316092142j:plain

  

 

 

f:id:RyuYudai:20170316124256j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170316131511j:plain

FUJIFILM GFX50Sもいいが、PENTAX645Zも健在だ!この2モデルは比較するのは難しい。

FUJIFILM GFX50S、PENTAX645Z、この2モデルは、共に有効画素数 5.000万画素クラスの世界最高レベルのカメラだ。

 

PENTAX645Z

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW

 

 

f:id:RyuYudai:20170311103256j:plain

 

 

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW

最新の光学系を採用した645Dに最適の新しい標準レンズ。

最新の光学系を採用した645Dに最適の新しい標準レンズ。非球面レンズ、エアロ・ブライト・コーティングなどにより、高水準のデジタル画質を実現しました。円形絞り(F2.8~5.6)を採用し背景の点光源のボケ味を美しく描写します。AF駆動はスムーズで正確な超音波モーター(SDM)。フォーカシングの際に全長が変わらず、バランスのよいホールディングができます。645Dボディと同様の防塵・防滴機能を備えており、小雨などの悪条件下でも、確かな撮影能力を確保できます。AF/MFを素早く切り替えられるクイックシフト・フォーカス・システムを採用。645フィルムカメラと組み合わせた場合、マニュアルフォーカスレンズとして使用できます。

 

 

北海道三笠市旧奔別炭鉱跡

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW

 

f:id:RyuYudai:20170311102126j:plain

 

 

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW

f:id:RyuYudai:20170307170635j:plain

 

 

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW 

f:id:RyuYudai:20170307170751j:plain

 

 

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW

 

f:id:RyuYudai:20170307170816j:plain

 

 

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW

f:id:RyuYudai:20170307170842j:plain

 

 

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW

f:id:RyuYudai:20170311101822j:plain

 

 

smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW

 

f:id:RyuYudai:20170311101827j:plain

SONY α7R 7S FEレンズ FE2.8/70-200GM! ユーザーの期待以上で応えるのがSONYだ。

 

圧倒的なテレ端の描写と“寄れる”という強みが撮影領域を拡張する

70-200mm F2.8というのは、スポーツからポートレート、風景までいろいろな用途で活躍するレンズです。そこで撮影ジャンルごとに個別でアプローチしながらどんな性能が必要なのかを改めて精査し、それぞれのシーンでベストな性能を発揮できるレンズを追求。例えばスポーツでは実際にサッカーの試合に何度も赴き、光学性能やAF性能をはじめ、グラウンドでの使い勝手やハンドリング性まで検証している。また、望遠ズームレンズなのでテレ端でのハイレベルな描写性能を実現することはもちろん、プラスアルファの要素として最短撮影距離0.96mにもこだわっているのが特長。優れた近接撮影能力により、室内でも使えるポートレートレンズとして活躍できるほか、桜や紅葉などを撮る際には望遠マクロのイメージでも使える。高解像と美しいぼけ味を両立したテレ端の圧倒的な描写、それに最短撮影距離0.96mという新たな強みが加わることで、70-200mm F2.8というレンズの撮影領域をこれまでになく広げたのがFE 70-200mm F2.8 GM OSS

 

 

フローティング機構にこのレンズの設計思想が集約されている

最短撮影距離を短縮し、寄れる望遠ズームにするというのは光学設計側からの提案です。描写性能としては他社に負けないレベルを目指すというのは当然ありましたが、G Masterとしてもう一つ尖った特長をつくりたいと考えた。メカ設計側からまずは自由に設計してみてくれと言ってもらえたので、最短撮影距離0.96m、最大撮影倍率0.25倍という明確な目標を設定し、その実現のために複数のフォーカスレンズ群を動かすフローティング機構にチャレンジしました。最初は3つのフォーカス群を同時に動かすことも検証するなど、あらゆるバリエーションが考えられるなかで一番性能を出せるのは2つのフォーカス群だというのが結論。

 このフローティング機構は光学設計の想いが一番反映されているポイントであり、最も苦労したところでもあります。2つのフォーカス群を連動させてフォーカシングしているため、どういう関係性をもって動かすかがとても重要です。どちらのレンズにどれくらい光を曲げる力を持たせるかという光学的観点だけでは不可能で、メカ設計や制御の観点からも協力してもらいながら高い光学性能を実現している。フローティング機構の採用は、近接撮影で増加しがちな諸収差を効果的に補正し、中心から周辺まで良好な解像感を保ちながら効果的に最短撮影距離を短縮できるだけでなく、光学性能全体の底上げをする役割も大きく果たしています。このレンズを使う方にはぜひ一度、近距離でのポートレート、最短撮影距離0.96mまで寄ったときのぼけ味を試してもらいたいですね。

 

 

f:id:RyuYudai:20170316091526j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170316131318j:plain

 

 

 

200ミリ

f:id:RyuYudai:20170316130138j:plain

 

 

 70ミリ

f:id:RyuYudai:20170316130126j:plain

 

 

トリミングで拡大、タイルの一枚いちまいも鮮明。

f:id:RyuYudai:20170316130331j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170316130901j:plain

 

 

 

f:id:RyuYudai:20170316125102j:plain