読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMRON 150-600mm! 世界に賞賛された超望遠がさらに進化!さ〜、これでヨドバシとしまえん・京都撮影会で社長賞!決まりだね

f:id:RyuYudai:20160927142150j:plain

f:id:RyuYudai:20160927142204j:plain

f:id:RyuYudai:20160927142206j:plain

世界に賞賛された超望遠がさらに進化

タムロンは、手持ち撮影を可能にする小型軽量の超望遠ズームレンズSP 150-600mmを、2013年12月に他社に先駆けて発売。高い光学性能に加えて、機能性、機動性にも優れ、野生動物や野鳥、飛行機、鉄道、モータースポーツなどを撮影する世界中のプロや写真愛好家たちから、待望のレンズとして大きな賞賛をいただきました。

その超望遠レンズが、さらなる性能向上と新たな機能を身に着けました。光学性能の向上、AFの高速化、手ブレ補正効果の強化、防汚コートの採用、フレックスズームロック機構や専用テレコンバーターの開発など、撮影者が超望遠撮影時に求める要素を追求。厳しい品質基準をクリアし、デザインも洗練された次世代のSP 150-600mm G2 (Generation 2)として生まれ変わりました。

 

ズームリングを前後にスライドさせることで、任意のズームポジションで瞬時にロックと解除ができるフレックスズームロック機構を開発しました。レンズの自重によるレ

ズ鏡筒の不用意な動きを防ぎ、撮影の利便性を高めています。また、従来のズームロッ

クスイッチもあわせて搭載し、携帯時の自重落下を防ぎます。

f:id:RyuYudai:20160927142041j:plain

f:id:RyuYudai:20160927142310j:plain

f:id:RyuYudai:20160927142316j:plain

f:id:RyuYudai:20160927142313j:plain

 

f:id:RyuYudai:20160928231955j:plain

f:id:RyuYudai:20160928232009j:plain

f:id:RyuYudai:20160928232023j:plain

f:id:RyuYudai:20160928232022j:plain

更なる高性能を目指し、光学設計を改良
焦点距離: 600mm 露出: F/6.3 1/400秒 ISO1250
SP 150-600mm G2 (Model A022)のレンズ構成は13群21枚。従来機種のSP 150-600mm (Model A011)の光学設計を改良することで全焦点域において性能を更に向上させています。Model A011と同じくLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズを3枚使用し、軸上・倍率色収差を徹底的に排除しています。また、極めて高い画質の実現に寄与しているのがeBANDコーティング。ゴーストやフレアの発生を極限まで抑え、クリアで抜けの良い画質を実現しています。

さらに、レンズ鏡筒内部のフォーカスカムやズームカムを改良し、最短撮影距離を2.2mに短縮。テレマクロのような撮影が楽しめます。

 

AF速度向上と高レスポンスを達成

焦点距離: 350mm 露出: F/6.3 1/1600秒 ISO400
応答性・制御性にすぐれ、高速かつ精度の高いピント合わせを可能にするリング型超音波モーター「USD(Ultrasonic Silent Drive)」を搭載。従来のModel A011の制御回路・AFアルゴリズムを改善することで、Model A022は、AF速度、ローコントラスト時のレスポンス、高速で動く被写体への追従など、AF機能を向上しています。また、フルタイムマニュアル機構の搭載により、AF撮影時でもフォーカススイッチを切り替えることなくMFでピントの微調整を行うことが可能です。

手ブレ補正効果4.5段を実現、3つのモードから選択できるスイッチ搭載
焦点距離: 213mm 露出: F/6.3 1/50秒 ISO2000焦点距離: 375mm 露出: F/7.1 1/80秒 ISO100
手ブレ補正機構「VC (Vibration Compensation)」を改良することで手ブレ補正レンズの応答性が向上し、CIPA規格準拠4.5段分の補正効果を実現しました(VC MODE3使用時)。また、流し撮り専用モードを含む3つの補正モードを切り替えるスイッチを新搭載。お好みに応じて最適な手ブレ補正モードを選択することが可能です。

VC機構の搭載により、高画素カメラで目立ちやすい手ブレによる画質の低下を防ぎ、カメラとレンズが本来持つ高い光学性能を最大限引き出し、夕暮れなどの低照度下でも手持ち撮影の可能性を拡げます。

・MODE1: ファインダー像の安定と補正効果のバランスがとれた、基本となるモード。
・MODE2: 流し撮り専用のモード。
・MODE3: 補正効果を優先したモードで、シャッターが切れる瞬間のみ補正。

*別売アクセサリーのTAMRON TAP-in Console™ を使うと、MODE 1のカスタム設定が可能です。初期設定の「標準」、ファインダー像の安定性をより優先させる「ファインダー優先」のいずれかを選択することができます。

詳しくはTAP-in Consoleのオンラインヘルプへ >
レックスズームロック機構で利便性

f:id:RyuYudai:20160928232256j:plain

f:id:RyuYudai:20160928232251j:plain